月別アーカイブ: 2013年11月

ilis pro グラフィックス5200搭載のゲームノートPCが登場

マウスコンピューター/G-Tune

NEXTGEAR-NOTE i200の詳細・購入はこちら→G-Tune

ilis pro グラフィックス5200搭載のゲームノートPCを紹介します。

マウスコンピュータでは、11月22日頃から、
インテル ilis pro グラフィックス5200を搭載した、
ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i200シリーズ」を発売しました。

ilis pro グラフィックス5200はAPU(内蔵グラフィック)ながら、
従来の約2倍の性能と、省電力を実現しました。

DirectX11対応で、外出先でも、
最新ゲームを高画質で楽しむことができます。

NEXTGEAR-NOTE i200の基本スペック
CPU:intel Core i7-4750HQ
GPU:ilis pro グラフィックス5200(CPUに内蔵)
メモリ:8GB
HDD:500GB
ディスプレイ:14型フルHDノングレア液晶

☆ノングレア液晶を搭載しているので、長時間でも目が疲れにくいです。
☆BTOなので、カスタマイズも自由自在。1年間修理保証つきです。

NEXTGEAR-NOTE i200の詳細・購入はこちら→G-Tune

GT750M&15.6型ノングレア液晶搭載で9万円台
CPU:intel Core i7-4700MQ
GPU:NVIDIA GeForceGT750 2GB
メモリ:8GB
HDD:500GB
ディスプレイ:15.6型フルHDノングレア液晶

☆大画面のノングレア液晶を搭載で、ゲームや動画が快適!
☆こちらもBTOなので、カスタマイズも自由自在。1年間修理保証つきです。

【第4世代Core i7搭載】NEXTGEAR-NOTE i520シリーズ

消費税増税前だと10万円のパソコンで3,000円もお得です。
ご自身の予算や、目的に合った1台をお選び頂ければ幸いです。

マウスコンピューター/G-Tune

2013年10月8日現在の情報です。
掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

GPUのSLI接続について




新生FF14&ドラクエ10がプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら

GPUのSLI接続とは
GPUのSLI接続とは、対応するグラフィックカードを2枚
接続することで、GPUの性能を引き上げる技術です。

SLI接続の考え方についてはこちら

11月15日発売のFF14推奨パソコンでは、
GeForce GTX760をNVIDIA SLI技術を採用しました。

FF14ベンチマークキャラクター編では15910を出し、
GeForce GTX760 1枚接続時の1.75倍以上のスコアを実現しました。

グラフィックメモリ2GBのGPU2枚を搭載しているので、
バトルフィールド4や、コール オブ デューティ ゴーストも快適です。

ファイナルファンタジー XIV 推奨パソコンのスペック
OS;Windows7 Professional
CPU:インテルCore i7-4770K
GPU:NVIDIA GeForce GTX760 2GBx2 SLI接続
メモリ:16GB PC3-12800(DDR3 SDRAM,8GBx2,デュアルチャネル,最大32GB)
HDD:3TB, SATA 6Gb/s接続(SATAⅢ)
光学ドライブ:ブルーレイドライブ
電源:AcBel製 700W静音電源 80PLUS BRONZE認証
ケース:GR one フルタワーケース

最新オンラインゲーム情報
ドラゴンクエストX バージョン2(12月5日に追加ディスク発売予定)
バトルフィールド4(超大作FPSの最新作・地形で戦況が変化する)
ファイナルファンタジーXIV(国民的RPGの最新作はオンライン対応)

新生FF14&ドラクエ10がプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら


2013年11月16日現在の情報です。
掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

コール オブ デューティ ゴーストが楽しめるBTOパソコン




コール オブ デューティ ゴーストを楽しめるPC(84,980円)の詳細・購入はこちら

コール オブ デューティ ゴーストが楽しめるBTOパソコン
コール オブ デューティ ゴースト(CALL OF DUTY GHOSTS)は、
11月14日にスクウェア・エニックスから発売される、
FPS(ファーストパーソン・シューティング)ゲームの最新作です。

コール オブ デューティ ゴースト 字幕版

コール オブ デューティ ゴースト [字幕版](初回生産特典MPマップ「FREE FALL」付)


※吹き替え版は12月12日発売予定です。

コール オブ デューティ ゴーストの必要(動作可能な)スペック
OS: Windows 7/8 64Bit版
CPU: Intel Core 2 Duo E8200 2.66GHZ以上
またはAMD Phenom X3 8750 2.4 GHZ以上
GPU: NVIDIA GeForce GTS450以上またはATI Radeon HD5870以上
メモリ:6GB以上
HDDまたはSSD:40GB以上
サウンド: DirectX対応のサウンドカード
DirectX: DirectX 11
インターネット:ブロードバンド接続
※初回認証と、マルチプレイヤー接続に使います。

前作(Call of Duty: Black Ops 2)の推奨モデルは、
バトルフィールド4や新生FF14も快適な
Core i7-4770&GeForceGTX660を搭載しながら、11万円台を実現していました。

最新オンラインゲーム情報
ドラゴンクエストX バージョン2(12月5日に追加ディスク発売予定)
バトルフィールド4(超大作FPSの最新作・地形で戦況が変化する)
ファイナルファンタジーXIV(国民的RPGの最新作はオンライン対応)

コール オブ デューティ ゴーストを楽しめるPC(84,980円)の詳細・購入はこちら


2013年11月13日現在の情報です。
掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

AMD FX-8350&Radeon R9 290 4GB搭載モデルが登場!




新生FF14&ドラクエ10がプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら

AMD FX-8350&Radeon R9 290 4GB搭載モデルが登場!
AMD Radeon R9 290X(現状の最上位モデル)が発売されました。

AMD FX-8350&Radeon R9 290 4GB搭載モデルの特長は、
GPU(グラフィックカード)だけではなく、
CPUやマザーボードなどもAMD製で相性抜群です。
Core i7-4770&GTX 780Ti搭載モデルより3万円も安く買えます。

AMD FX-8350(CPU)は定格4GHz・TC時4.2GHz
CPUの性能はクロック数だけで比較できませんが、
最新モデルだけあり、現状最高クラスのクロック数です。

Core i7などは4つのコア(クアッドコア)で最大8スレッド処理をしていますが、
AMD FX-8350は8つのコア(オクタコア)で処理を行っています。

インテルCPUはシングルスレッド(1つの処理)が得意なのに対し、
AMDのCPUはマルチスレッドに対応したゲームや処理が得意です。

AMDのCPUはコストパフォーマンスが良いので、比較的新しいオンラインゲームや、
デイトレード・動画編集など並行作業をされる機会が多い方におすすめです。

AMD FX-8350&Radeon R9 290 4GB搭載モデルのスペック
OS:Windows7 Home Premium
CPU:AMD FX-8350
GPU:Radeon R9 290(4GB)
メモリ:8GB DDR3 SDRAM(PC3-12800/4GBx2/デュアルチャネル)
HDD:2TB HDD (SATA3)
マザーボード:AMD 970 チップセット搭載 ATX マザーボード

電気代が気になる方は、AMD Radeon R9 280X搭載モデルがおすすめ
AMD Radeon R9 280XはRadeon R9 290Xの8割強の性能ですが、
ピーク時の消費電力を8割弱に抑えられています。Radeon R9 280Xは
AMD Radeon R9 290X搭載モデルより3万円も安いのも見逃せません。

最新オンラインゲーム情報
ドラゴンクエストX バージョン2(12月5日に追加ディスク発売予定)
バトルフィールド4(超大作FPSの最新作・地形で戦況が変化する)
ファイナルファンタジーXIV(国民的RPGの最新作はオンライン対応)

新生FF14&ドラクエ10がプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら


2013年11月8日現在の情報です。
掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。

Radeon R9 280X搭載モデルは性能と消費電力を両立!




新生FF14&ドラクエ10がプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら

AMD Radeon R9 280X搭載モデルは性能と消費電力を両立!
AMD Radeon R9 290X(現状の最上位モデル)が発売されました。
Radeon R9 290XはGeForce GTX TITANと同等以上の性能を誇りますが、
消費電力が若干高いことがデメリットです。

AMD Radeon R9 280XはRadeon R9 290Xの8割強の性能ですが、
ピーク時の消費電力を8割弱に抑えられています。Radeon R9 280Xは
AMD Radeon R9 290X搭載モデルより3万円も安いのも見逃せません。

アイドル時(低負荷)の消費電力は、システム全体で50W程度なので、
1日4時間使っても、1ヶ月の電気代は400円前後で使えます。

(アイドル時50W+ピーク時250W)/2×4時間×30日×電気代=396円
電気代は1000W=1kWh=22円で計算
BTO&ゲームパソコンの電気代についてはこちら

AMD Radeon R9 280X搭載モデルのスペック
OS:Windows7 Home Premium(64bit)とWindows8.1(64bit)から選択可能
CPU:インテル Core i7-4770K
GPU:Radeon R9 280X(3GB)
メモリ:16GB DDR3 SDRAM(PC3-12800/8GBx2/デュアルチャネル)
HDD:2TB HDD (SATA3)
光学ドライブ:ブルーレイドライブ (読み書き対応)

最新オンラインゲーム情報
ドラゴンクエストX バージョン2(12月5日に追加ディスク発売予定)
バトルフィールド4(超大作FPSの最新作・地形で戦況が変化する)
ファイナルファンタジーXIV(国民的RPGの最新作はオンライン対応)

新生FF14&ドラクエ10がプレイ可能なPC(49,980円)の詳細・購入はこちら


2013年11月7日現在の情報です。
掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。